Google Tag Manager で
変数 > ユーザー定義変数 > 変数タイプ:カスタムJavaScript
ブラウザ情報を取得するJavaScriptを変数に保存すると、変数にデイバイス種別が取得できます。

= サンプルコード1 =
// デバイス種別をiOS/Android/PCの3種類で取得する場合

function(){
    var ua = navigator.userAgent.toLowerCase();
    if ((ua.indexOf('iphone') > 0) || (ua.indexOf('ipad') > 0) || (ua.indexOf('ipod') > 0)) {
        return "iOS";
    } else (ua.indexOf('android') > 0) {
        return "Android";
    }
  return "PC";
}
= サンプルコード2 =
// デバイス種別をSP/PCの2種類で取得する場合

function(){
  var ua = navigator.userAgent.toLowerCase();
  if ((ua.indexOf('iphone') > 0) || (ua.indexOf('ipad') > 0) || (ua.indexOf('ipod') > 0) || (ua.indexOf('android') > 0)) {
      return "SP";
  }
  return "PC";
}

利用例:
ユーザープロフィールにデイバス種別を設定する

1.   タグ>ユーザープロフィールを登録するタグを作成/選択 > カスタムHTMLにスクリプトを記入

=サンプルコード=

<script>
reproio.setStringUserProfile("任意のユーザープロフィール名", {{デバイス種別の名前}})
</script>
回答が見つかりましたか?