オーディエンスは、配信対象ユーザー群として保存できる機能です。
保存したオーディエンスは主にプッシュ通知やアプリ内メッセージといったマーケティング機能で利用することができます。

オーディエンス作成方法は2種類あります。

フィルターで作成

対象のユーザー群をセグメントで指定し、「オーディエンスを保存」押下で設定します。

数分ほどで計算が終わり対象ユーザー数が表示されます。 ※注意書きあり
 

csvインポートで作成

エクセルの場合はA列にユーザーIDを羅列したファイルを用意します。

  • CSVの最大ファイルサイズは30MB(ユーザーIDが固定長30文字であれば約80万件)です。
  • Reproに登録されているユーザーが対象となります。Reproに登録されていないユーザーが含まれている場合は、対象として計上されません。

「CSVを選択する」から該当データを選択しインポート、「オーディエンスを保存」押下で設定します。
その後、対象ユーザー数が表示されます。 ※注意書きあり

プッシュ通知やアプリ内メッセージの配信対象として利用する

キャンペーン作成時の配信対象設定>オーディエンスから保存したオーディエンスを選択できます。


※注意

  • アンインストールユーザーを含んだユーザー数を表示しています。
  • プッシュ通知許諾OFFユーザーを含んだユーザー数を表示しています。
  • 計測期間は、オーディエンスを設定した(もしくは、更新した)現時点からのユーザー数です。
  • 設定したオーディエンスは手動更新です。
    キャンペーンの配信対象設定として利用しており、かつ、フィルターで作成している場合は、自動で更新された対象ユーザー群に配信されます。
回答が見つかりましたか?