Repro SDKは動画用にタッチイベントを記録しており、これは UIWindow sendEvent:  にSDKの処理を挿入ことで実現しています。
これにより、スタックトレースに表れているタッチイベント発生時の処理の流れとしては

  • タッチイベント発生
  • (差し込まれた処理として)SDKのタッチイベント記録処理実行
  • UIWindow sendEvent:
  • OS側の処理

となることが多くみられることがわかっています。

クラッシュログに表示されている RPRTouchTracker  は「SDKのタッチイベント記録処理」に該当するものですが、殆どの場合実際クラッシュしているのはその後の処理となっており、Repro SDKとは直接関連の無いクラッシュと考えられます。

回答が見つかりましたか?