更新前のユーザープロフィールの値を使って分析することができません。

ユーザープロフィールは新たな値が取得された場合、古い値を上書きしてデータ更新しています。
上書きをしているので。過去どのタイミングでどのようなユーザープロフィールの値を持ったいるかを判別することができないためです。

そのため各分析機能では、最新のユーザープロフィールの値をもとに、そのユーザーが過去どのようなイベントを実行していたかを計算し、出力しています。

例:アクセス分析

  • フィルター: Age=25
  • 対象: 全ユーザー
  • 表示イベント: いいね!

どうしても過去データを元にした分析をしたい場合

以下のような実装をお試しください

  1. 変更前のプロフィール値 (プロフィール名例: rank_previous   ) などのプロフィールを設定するよう実装する
  2. 1ヶ月前、2ヶ月前、3ヶ月前のユーザープロフィールとその値を保存するようなプロフィール設計をする
回答が見つかりましたか?