カスタムJSON形式を利用してプッシュ通知を配信する場合に利用できるキーは、OS毎で異なります。

iOS

下記にAppleが定義するキーの一覧があります。
これらのキーについてはiOSが自動で処理するため、アプリ側で実装を行わずともバッジを表示させたり、プッシュ通知受信音を変更することが可能です。
Appleが定義しているキー以外の処理を行う場合は、アプリ側で別途実装する必要があります。

下記にiOS端末に向けてサイレントプッシュを配信し、「1」のバッジを表示させるカスタムJSONの例を示します。

{
  "aps":{
    "badge": 1,
    "content-available": 1
  }
}

Android

Androidではdataキーを利用してカスタムJSON形式でプッシュ通知を配信します。
dataキーの中には事前にGoogleで定義されているキーはなく、全てお客様独自のキーとなり、それらをアプリ側で処理する形になります。
下記にAndroid端末に向けて配信する、具体的なカスタムJSONの例を示します。

{
  "data":{
    "custom-title" : "プッシュ通知のタイトル用キー",
    "custom-message" : "プッシュ通知の本文用キー",
    "custom-deeplink" : "deeplink遷移先URL"
  }
}

回答が見つかりましたか?